MOTOマテリアルページメニュー

お問い合わせフォーム

お気軽にご相談ください。

MOTO Blog

バイクのことや日々のこと

マテリアルブログ

バリオス キャブレターO/H

セルモーターが回らないという症状で、引き取りに伺っておあずかりした、カワサキ バリオスです。

さっそく症状を見てみますが、確かにセルモーターは回りません。
でも、これはセルモーターやバッテリーでは無く、キャブレターのオーバーフローによるガスロックだと思います。
さっそくキャブレターをバラして見ます。

20190715_094006028_iOS.jpg バリオス オーバーフロー

やはりオーバーフローからのガスロックで、セルモーターが回らない症状でした。
画像じゃ分かりづらいので、YouTubeに動画上げました。

バリオス ガスロック

キャブレターのO/Hでガスロックは解消したんですが、セルモーターが焼けてしまっていて、追加でセルモーターのASSY交換になってしまいました。

記事URL|2019.10.11

パニガーレ959 ヒューズ切れ

先日、車検でお預かりしたパニガーレですが、ツーリング途中でエンジンが止まったと連絡があり、再入院して来ました。

症状はヒューズが切れて、燃料ポンプが動かなくなるみたいです。
どこかでショートしている様ですが、見つかりません。
配線図を元に、各部品をトラブルシューティングしますが、見つかりません。


8FFC61F0-C73A-49C6-8CE3-3BC1F9E669B6.jpeg  ヒューズ断線


三日間、探しまくって途方に暮れていたところ、ふと飛び出たボルトを発見!!
ボルトに黒く擦れた跡が・・・怪しい!!

FF840844-439A-49D1-9004-C20F611DF811.jpeg  原因判明

テープを剥がしてみると、配線の被覆が擦り切れて銅線が見えています。
やっと原因究明できました。

記事URL|2019.09.02

ホンマに勘弁してください。

お盆休み前からお預かりしている、Z900RSですが部品のクレームで返品して作業が遅れています。
お客様には大変ご迷惑をお掛けして、申し訳ありません。

26B5D531-24E5-4805-8D9A-8D9609CCEC6C.jpeg ラジエータ破損1

で、クレームの部品なんですが、ラジエータASSYです。
ステーの部分が変形して破損しています。
ラジエータコアの部分まで変形しています。
それをクレームで交換してもらったんですが・・・

ABD82AAA-2E94-49EF-B855-4174DD4000A6.jpeg  ラジエータ クレーム

こんな事ってありますか?

3C1EF8C2-5486-434A-BC48-D5DD5B7FC5FD.jpeg  ラジエータ破損2

何で交換品も破損してんねん!!

もうホンマに勘弁してください。
大至急、まともなモン送ってこい!!

記事URL|2019.08.30

CRF250R ハイカム

モタード全日本のレースに参加されてるお客様の、CRF250R(HRCレーサー)です。


7A8C86AB-76CC-4749-9BDC-EF0FFA6F69AA.jpeg  HOTCAMS

さらなるタイム短縮の為、HOTCAMSのハイカムを投入します。


F2F3D599-7D9F-409C-8A1B-B4E6B90C5839.jpeg  CRF250R ヘッド

カムを交換後、タペットシムでクリアランスを調整しますが、ちょっとシムとカムシャフトの隙間が何か変でした。
上手くクリアランスが測定できなくなっているので、次回のエンジンO/Hの時はヘッド周りを重点的にチェックしないとダメなようです。

記事URL|2019.08.06

タイヤ エアゲージ

サーキットでのタイヤのエア圧を合わせるのに、エアゲージを使って調整するんですが、エアゲージによって誤差があるんです。
メーカーによって違うのはもちろん、同じメーカーの同じ型番のゲージによっても差が出ます。

90C9BBBF-874B-47C4-9CD2-21974E4D82B2.jpeg エアゲージ

そこで、手持ちのゲージを全部持って、鈴鹿サーキットのBSタイヤサービスに行って、全部チェックしてもらいました。
同じ数値を表示するのもあれば、違う数値の物もありました。
でも、メーカーとBSのタイヤサービスでは、『1メモリ以内は基準値で問題ないです』との見解でした。

A2D14AA5-7790-4ABE-AC22-E60C6EFBA815.jpeg  クレバーツール

鈴鹿に行ったついでなので、クレバーツールさんに寄って山田店長のおすすめエアゲージを購入してきました。
正直言ってエアゲージは他の人のゲージと数値を表示していても、毎回同じ数値ならそれでいいと思います。
でも、工具や測定機器は拘りを持って使いたいので、クレバーツールさんのおすすめを使っていこうと思います。

記事URL|2019.07.21