MOTOマテリアルページメニュー

お問い合わせフォーム

お気軽にご相談ください。

MOTO Blog

バイクのことや日々のこと

マテリアルブログ

2019 近畿スポーツランド ロードレース選手権 第1戦

昨日、お近畿スポーツランドで行われた、2019近スポ ロードレース選手権のグロムcup開幕戦に参加してきました。

結果は3位でした。

1FB9B66A-037B-49F8-92C9-ADA63DE768C1.jpeg  グロムカップトロフィー

トロフィーは貰ったんですが、レース内容がいつも通りパッとしない感じです。
まずは、スタートからヤラかしてます。
動画はこちら

お暇な方は、スタートからゴールまでノーカット版でどうぞ!!

19DA767F-944E-45C4-B48D-44E7D5DC25E9.jpeg  グロムカップ表彰式

今年こそグロムcupで優勝するぞ!!と頑張ってましたが、竹田選手、平澤選手が登場してものの見事に負けてしまいました。
特に平澤選手は、私と同じくスタートでヤラかして最後尾まで落ちたのに、そこから追い上げて2位まで挽回してますから、かなり速いです(当たり前か・・・)
次戦は8月4日です、次は必ず(出来れば)優勝しますwww

記事URL|2019.04.22

臨時休業のお知らせ

いつもマテリアルをご利用いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら、明日4/21(日)は近畿スポーツランド ロードレースシリーズ第1戦に参戦の為、臨時休業とさせて頂きます。
ご来店を予定されていたお客様には、ご迷惑をお掛け致しますがご理解の程、よろしくお願いします。


マテリアル 上原

記事URL|2019.04.20

ZRX1100 完成

遂に、ZRX1100のエンジンが完成しました。
無事にエンジンも始動して、メカノイズも無くスムースなフィーリングになりました。

20190412_020849167_iOS.jpg ZRX1100O/H完成

このスムースを出すのに、バルブのクリアランスを頑張って調整しました。
カワサキの純正シムは0.05刻みしか設定が無く、基準値のちょうど真ん中に持って来るのが難しいです。
シム自体を計測して摩耗度合や、製造公差で微調整出来る範囲で、16箇所中13箇所は基準値の真ん中付近に合わせました。
どうしてもシムが合わない箇所は、ホンダの純正シムを流用して使いました。
ホンダは、0.025刻みで設定があるので調整しやすいです。

記事URL|2019.04.16

KTM 450SMR エンジン

お客様が4月7日のモタードエリア戦にエントリーされていたんですが、前日の練習走行で泣く泣くリタイヤしたKTM450SMRのエンジン修理です。

56533689_630662674025127_6701540521099132928_n KTM450SMRベアリング.jpg

前日練習の後、決勝に備えてオイル交換をしたところ・・・
ベアリングのボールらしきものが出てきたそうです。

決勝は諦めて、そのままマテリアルに直行されました。
エンジンからは異音はして無かったみたいです。
どこのベアリングが砕けたんでしょうね?


778DF2B0-93EF-406A-A154-2BFD8EB9EEE5.jpeg  450SMRエンジン

次の日にエンジンを降ろして、各部をバラしていくと・・・発見しました。
KTMの名称は、ロッキングレバーのベアリングが砕けてました。
ボールは、ドレンボルトのマグネットに全部くっついていました。
アウターレースも転がってました。
しかし、リテーナーの片側が行方不明です。
エンジンを割って捜索ですね。

記事URL|2019.04.12

2019年4月7日 デグナー主催ミニバイク耐久レース

もう1週間も過ぎてしまって、今さら感はありますが、4月7日に近畿スポーツランドで行われた、デグ耐の結果報告します。

まず、HRCグロムで参加したスプリントレースの神クラス。
練習走行でKSRに乗ると変な癖がつきそうだったので、KSRでの耐久の練習走行を全部見送って、グロムに専念して神クラスの決勝レースに臨みました。
でも神クラスのエントリーの中では、マシン的にもライダー的にも「中の下」なので、順位よりも自己ベストのタイムを狙って走りました。
予選8位、決勝7位
速いライダーに引っ張られてでも43秒台を狙ってましたが、残念ながら予選も決勝も43秒台には突入できませんでした。

その残念な決勝レースのオンボードカメラの映像はこちら


続いて、KSR80で参加した90分耐久レースです。
ル・マン式のスターティンググリッドの順番は、エントリー順で決まります。
エントリー順の8番目からスタートしました。
スタートライダーは、あつし選手!!
見事なクラッチミートで、2番手で第1コーナーに入っていきます。
MクラスとOPクラスの混走なので、並み居るOP車両を抑えて、総合で2位は素晴らしい走りです。
しかもお店に放置してあったKSRでの快走。

スタートしてしばらくは、マジロー/タイセー組のAPE、瀧川/上原組のKSR、細見/佐竹組のグロムの順で熱い走りのレース展開です。

序盤に早くも周回遅れが出始めて、そのすきに細見さんにパスされて3位に。
もうしばらくして、榊原/上垣組のNSRを駆る榊原さんにパスされ4位に。
そのままの順番で45分走り、ライダーチェンジであつし君から上原に代わります。

練習走行で、KSRに乗らなかったのが仇になってコースインしてしばらく何速で走るのかもわからず、47~48秒で周回してしまって、あつし君が稼いだマージンをどんどん食い潰してしまいました。
やっと走り方を思い出して、タイムを詰めていこうと思った頃には、チェッカーフラッグが出ているという、いつもの展開でレース終了!!


023DF687-30D0-4944-B993-70C427A19585.jpeg  デグ耐トロフィー

結果は、あつし君のおかげで、クラス2位を獲得出来ました。

参加された皆様お疲れ様でした。
そして毎年、楽しいレースを企画、運営してくださるデグナー様、ありがとうございます。

主催のデグナー様のデグ耐アルバム特設ページ

記事URL|2019.04.11